葬儀における伝統

葬儀における塩の役割

トップ

葬儀での伝統に関する情報

葬儀でいただくお清めの塩

お葬式に参列したときにいただくお清めの塩は、死者や葬儀は「けがれ」と考えられていたことから、穢れを自宅に持ち込まない様に自宅に入る前に体を清めるという意味で会葬礼状に添えられるものです。使い方は、肩、胸、背中に振ってもらいます。家から離れた場所で使用しても、家に着くまでに邪気を引き寄せてしまったり、家の中で使用して邪気を家に入れてしまうことになるので、家に入る前に玄関先で使用することに意味があります。神道において死を「けがれ」と捉えるのに対し、仏教では死を「けがれ」とは捉えていないため、最近は葬儀でのお清めの塩を廃止する傾向にあります。

お清め塩を撒く意味は?

もともと日本人は神仏混合の自由な思想を持っている為か、最近では宗教などにとらわれないお葬式が増えています。ですが、どんな葬儀でも変わらずに貰う物があります。小さな袋に入った塩もその一つです。式場によっては出入り口に大きく盛ってあったり、撒いてあったりするのですが、同じ目的の為です。古来より塩は神聖なものとして扱われてきました。お持ち帰り用の小袋のモノも会場にあるモノも、全部お清めをする為のモノです。葬儀会場に撒いてある時は踏んで通る事、また、小袋は自宅に入る前に背中にかけてもらったり、玄関に撒いて同じく踏んで入ったりします。ただ単に清めて浄化する為のものではなく、死者の魂に寄り道をさせない様に、という思いやりも込められているのです。